水のトラブルの蛇口 交換は知識と技術のあるプロに依頼しよう

ある日突然起こる水のトラブルですが、中でも蛇口の水道トラブルは経験したことがある方が多いのではないでしょうか。蛇口の水のトラブルでもっともメジャーなのが、蛇口を締めたのにぽたぽたと水がたれたり、水が止まらなくなる水漏れがあげられます。蛇口のトラブルを解決するには、自分で修理する方法と専門の業者に依頼する方法があります。蛇口のタイプによって修理の方法も違いますので、まずは自分の家の蛇口がどんなタイプなのか把握しておくことが大切です。

■蛇口の種類とは

蛇口の種類は細かく分類すると多岐にわたりますが、一般的な家庭で使用されているのは主にハンドル混合水栓とシングルレバー混合水栓の2種類であることが多いです。シングルレバー混合水栓の場合、レバー一つで水量や温度の調節が可能なので、操作がしやすく、比較的新しい住宅ではこちらの蛇口が多く普及しています。このタイプで起こる蛇口のトラブルは、内部パーツのバルブカートリッジになんらかの不具合が発生していることが多いので、その交換が必要になってきます。

■ハンドル混合水栓は長く使えて、修理もしやすい

昔からあるタイプの蛇口で、冷と温のハンドルがついているシンプルな操作の蛇口です。バルブカートリッジのような繊細な構造をもったパーツがないので、結合部分のパッキンを新しいものに交換したり、ナットを締めるなどの、軽作業だけでも直ることが多いです。実際にこのタイプの水漏れの原因はパッキンの劣化が原因であることが多いのですが、パッキンには、三角パッキンやコマパッキンなどの種類があり、どちらが劣化しているのか、判断が難しいので、念のため両方交換したほうがいいでしょう。

■まとめ
蛇口の水トラブルは大体10年を目安に訪れることが多いです。その時に部品交換で対処することもできますが、いっそ蛇口 交換を視野にいれることもおすすめです。蛇口 交換するだけでも、水回りの利便性はグッとあがりますし、近年蛇口は大きく進化していてさまざまな機能性をもったものもあります。また、蛇口 交換する際は技術や知識を有している専門業者に依頼するのが無難です。自分で交換してみたけれども、後日水漏れが起こってしまい、結局業者にお願いしたという事例も多いからです。特に、年季の入った蛇口 交換の場合は、どんなにしっかり事前準備をしていても、どうにもならない事態になってしまうことが考えられます。その場合、交換に必要な道具が足りない等の問題が生じ、時間も費用も余計にかかってしまいます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ