水のトラブルはプロにお任せ

毎日家族みんなが気持ちよくトイレを使えるように、丁寧なお掃除を心がけている方は多いと思います。便器そのものの寿命は数十年と長く、また最近ではお掃除もしやすい仕様になっているものも多いので、綺麗な状態を保ちやすいのですが、各種パーツの寿命は便器よりも早くおとずれます。台所や洗面所の蛇口パッキンの交換くらいなら、ネットでやり方を確認しながらやってみた、という方は少なくないかもしれませんが、トイレに関しては素人がその場しのぎの修理をすることはおすすめしません。様々なパーツがあり、それぞれに重要な役割がありますので、手順を間違えると手に負えなくなってしまう事にも繋がりかねません。トイレの水のトラブルが発生した場合は専門業者にしっかり確認、修理してもらいましょう。

■年代物のトイレは修理も大変

家を建てたときに設置したトイレであれば、施工した年代によって様々なタイプのものがあります。排水管のタイプが現在使用されていないタイプのものであったり、中には修理をする想定がされていない設置の仕方であったりと、業者さんも便器を外したときに初めて分かることもあるのです。プロであれば、様々な工具や技術を駆使し、現在ある部品とうまくサイズを合わせることも可能です。時には接着部分を外すために通常便器交換の時には使わない道具を使用することもあります。

■便器からの水漏れ

便器下部が濡れている原因の一つとして、単純に結露しているだけの場合があります。その場合は、まずトイレ内をよく換気するようにし、また濡れている部分をこまめにふき取るようにしましょう。なお、結露もヒビもないのに濡れている状態が続くようであれば、便器と排水管をつなぐパッキンが劣化しているなどの可能性があります。その場合は便器をとりはずす作業が必要となりますので、専門業者に修理の依頼をしましょう。

■まとめ
トイレに関係する水漏れのトラブルといえば大きく3つにわけられます。まずは給水、排水パイプなどの接合部分の水漏れと、それに伴う便器からの水漏れ、あとはトイレタンクからの水漏れです。トイレタンクからの水漏れの場合は、タンクの中の浮き玉が外れてしまっていることが原因のケースもあります。その場合は浮き玉をはめ直すだけで解消するので素人でも対処できるのですが、実際の所、トイレタンクの中をみたこともない方も多いのではないでしょうか。水のトラブルを解決したように思えても、自分では知りえない問題点が隠れている場合がありますので、無理をしないでプロを頼ったほうがよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ