水のトラブルは放置していても改善しない

風水で家の水回りは健康や美容に関係のある場所とされており、それを象徴する場所が、身体を清潔にしたり、身だしなみを整える洗面所や浴室です。家の運気を大きく左右する場所ですので、水のトラブルがあった場合はそのままにせず、早めに修理をし、いつでも快適に使用できるようにしましょう。また、水漏れトラブルは財を漏らすともいわれています。風水的な意味合いだけではなく、水道代も無駄にかかってしまいますし、漏れている箇所によっては目には見えない洗面所下のスペースや床下までもがカビや腐食に侵されかねません。そういった深刻な事態になる前に、水のトラブルに気づいた時は早めに専門業者に相談すると安心です。

■洗面台のスペースに物を置きすぎない事

シャンプーや洗濯洗剤のストックをついつい置きがちになるのが洗面台下のスペースです。また、キッチン下のスペースも、お鍋やフライパンなどの調理器具を収納するのに便利な場所なので、普段なかなか使わない大きなお鍋をしまっている家庭も多いのではないでしょうか。整理整頓の意味では大変便利なスペースですが、この場所には給水管や給湯管、あとは排水管があります。万が一、このいずれかのパイプから水漏れしていたとしたら、すぐに気づくことができるでしょうか。水漏れトラブルは早めの対処が肝心です。時には、このスペースの掃除も兼ねて、目視でトラブルがないかチェックされることを推奨します。

■洗面台の水漏れの直し方

洗面台に設置されている蛇口は一般的に10年から15年程度で様々なトラブルがおきはじめます。蛇口の先からぽたぽた水漏れするようになったり、蛇口のハンドルがきつくなり、回しづらくなったりなど、忙しいと放置しがちなトラブルですが、放っておいても決して改善しないのが水のトラブルです。むしろ、月日を重ねると、水漏れの量が多くなってしまったり、シャワーホースが出てこなくなってしまったりなど、ますます使いづらくなってしまいます。蛇口の部品だけの交換でいいのか、蛇口本体ごと新品に交換したほうがいいのか、一般の方には判断が難しいので、プロに修理を任せることをオススメします。

■まとめ
家電の買い替えや水回り修理をしている暇のない、年末などに使い物にならなくなってしまっては大変です。使えないだけではなく、水が大量に漏れてきたり、まったく流れなくなってしまったりすると、早急に対処しなければなりません。水漏れは早期に発見すればわずかな部品代だけで済むので、気づいたときに早めに修理するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ