いつおこるかわからない水のトラブルに関する予備知識

いつおこるかわからない水のトラブルに関する予備知識 水回りといえば、洗面所や浴室、キッチン、トイレなど生活に必要な場所です。そして、毎日当たり前のように使っている場所です。普段は特別なメンテナンスをしなくても問題なく使用できますが、例えばトイレの水が急に流れなくなり、だんだん水位が上がってきてしまった時や、キッチンの蛇口の先から水漏れするようになってきてしまった時などに冷静に対処できる方は多くないはずです。使用頻度が高かったり、設置してから年数が経過するとトラブルが発生しやすくなりますが、ちょっとした違和感に気づいたら、早めに点検や修理を行うことで急な水のトラブルをふせぐことができます。

■トイレの水が急に流せなくなった場合

トイレで起こるトラブルは最も緊急な水のトラブルといえます。生理用品やおむつを誤って流してしまったり、トイレットペーパーを切らしたからテッシュペーパーで代用してしまったりと、原因がハッキリとしている場合であれば、まずはホームセンターなどで売っているラバーカップで詰まり解消を試みます。それでも解消しない場合、放っておくとトイレから水があふれてしまうという大変なトラブルにもなりかねないので、早めに専門業者へ相談されることをオススメします。また、トイレの水流が弱くなったり、便器に溜まっているはずの水が無くなることが増えたなど、違和感を感じるようになってきた場合は、経年劣化によるなんらかの水のトラブルであることが多いので、その場合も専門業者に確認と点検をしてもらうと安心です。

■キッチンで起こりやすい排水溝の詰まり
毎日ご飯の支度をする場所で、急な水のトラブルは致命的です。キッチンの水のトラブルで多いのはシンクの詰まりで、小さな生ごみやペットボトルのキャップなどを誤って流してしまうなどの積み重ねが大きな原因です。その場合、市販のパイプクリーナーなどで詰まっているものを溶かしたり、ラバーカップで取り除くことで改善される場合がありますので、まずは試してみます。また年に一回でいいので、プロに高圧洗浄によるお手入れをしてもらうと詰まりに大変効果的です。特に年数が経過している住宅の場合は、検討することをおすすめします。市販の高圧洗浄機とは水圧が比べものにならないほど強力なので、排水管内にこびりついた汚れをスッキリ吹き飛ばしてくれます。

■家庭内における排水管からの水漏れ

排水管からの水漏れはパッキンのゆるみや劣化などが考えられます。自分で確認作業をしたり、新しいものに変えることもできますが、場合によっては様々な工具が必要になりますし、手順や段取りを間違えると、手に負えない状態になることも考えられますので、専門業者に相談されるのが無難でしょう。
水漏れは一度始まると自然に止まるものではないので、定期的に点検口のふたをあけて、不具合がないかチェックすることをオススメします。また洗面所や便器そのものはとても丈夫ですが、各種パーツの寿命はそれよりも早く訪れます。壊れてしまう前に無理に買い替える必要はありませんが、不具合が出てきた場合はそのままにせず、早めに修理をするようにしましょう。ちょっとした水漏れなら、パッキンを交換するだけで改善することもあるので、結果的に時間も料金も負担が少なく済みます。

■まとめ
いくらこまめに掃除をしていても生活をしている以上、いつかは遭遇するのが水のトラブルです。予備知識をつけておけば、いざというとき安心して対処できます。水のトラブルのなかでも、詰まりの場合は自分で対処できることが多いですが、厄介なのが水漏れです。調理器具などが収納されているキッチン下のスペースで、少しづつ水漏れしていたとしてもすぐには気がつかないですし、また数年経過していれば、床下の木が腐食してしまっていたり、カビやにおいなどのトラブルの元にもなりかねません。そのため、定期的なメンテナンスが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース